インテリアデコレーター

資格試験

インテリアデコレーターの資格は、一般社団法人インテリアデコーレション協会が主催している資格の名称です。

 

インテリアデコレーターは、壁紙や床材などの内装材をはじめ、扉の色やデザイン、家具、カーテン、カーペットなどの基本的なインテリアエレメントの選定から、ウォールデコレーションであるアート、インテリア・アクセサリーなどの小物や調度品、さらにテーブルコーディネートまでを総合的に飾り付けながら空間の構成・演出を行う、インテリアの専門家を指します。
 

これまでのインテリア関連の専門資格とは異なり、「美しい色の組み合わせ」や「素材と色の調和」、そして「飾る技術」など、空間演出に必要な直接的で実践的な知識を身につけたレベルの高い、インテリアのスペシャリストを養成・認定することが目的です。

 

試験はどんな内容?

​等級によって試験内容や目的が

異なります

2級試験の内容

[学科試験]

   出題内容:

  1.空間構成と計画

  2.インテリア基礎

  3.デコレーション基礎/技術

  4.伝統文化と工芸

  5.市場とインテリア関連製品

  6.インテリアデコレーターについて

  7.ライフスタイルとインテリア

1級試験の内容

[学科試験]

   出題内容:

 1.商品知識、販売知識

 2.平面的空間構成

 3.建築基礎知識

 4.インテリアのトレンド

 5.照明計画と光の演出 など

​[実技・小論文]

 出題内容:

 1.製図(平面図・展開図)

 2.空間構成

 3.ユニバーサルデザイン

 4.住宅設備機器

​ 5.高齢者住宅 など

EX試験の内容

 [実技・論文・面接]

  審査基準:

   1.専門家として実践的な

     デコレーションの技術と

     表現能力を有しているか

   

   2.実務経験による情報収集能力・

     コミュニケーション能力を有して

     いるか

​   3.課題に対するインテリア計画

     プレゼンテーション能力が一定

     のレベルを有しているか など

インテリアデコレーター資格は2級と1級・EXに分かれており、資格等級のレベルにより、目的が異なります。

2級は日常生活を豊かにすることを目的とし、インテリアのデコレーションに必要な知識や色彩の組み合わせなどの基礎的な知識が求められる試験になっています。

1級はより具体的に実務をこなす上での能力を見る試験になっており、EXは最上級者として実践的なデコレーションの技術と表現能力に加え、インテリア計画、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力も問われる内容となっています。
 

インテリアデコレーター試験の概要

【試験日程】 

  2級試験:7月下旬と1月下旬の年2回

​  1級試験:学科は12月初旬、実技は1月下旬

  EX試験:未定(2020年度)

【試験科目】 

  2級試験:学科試験

  1級試験:学科試験

       実技・小論文

  EX試験:実技・論文・面接

 

【受験資格】 

  2級試験:18歳以上

  1級試験:2級に合格し、認定を受けている者

  EX試験:1級に合格し、認定を受けている者

       実務経験が3年以上あること

 

​【試験会場】 

                    等級による

 

難易度は どのくらい?

合格率は2級で50%

1級で20%~30%

合格率は年度により変動がありますが、2級で50%前後、、1級で20%程度と考えられます。

また、取得までに必要な学習期間の目安は2級で3ヶ月程度、1級で6ヶ月~1年程度といわれています。

 

どうやって勉強するの?

◎2級試験は独学でOK!

 

◎1級試験は試験対策講座を

​  受講しよう

2級はテキスト中心の勉強で◎

2級はインテリアデコーレションの入門となる試験なので、インテリアが好き!という方も特別な技術など無くとも楽しんで学ぶことができると思います。

ほとんどの受験者が公式テキストなどを参考に、独学で試験対策をしています。

1級は難易度高め。協会主催の対策講座も利用しよう。

1級は独学では難しい試験となるでしょう。

コーディネーションする上でも図面の読み描きが出来なければなりませんし、空間のプランニング・導線計画・照明計画…等々かなり実務的な技術が必要となります。

様々なインテリア関連の資格はおおよそ同じ様な構成ですが、基本的に資格を仕事として成立させる為には専門学校などでの勉強が必要になると考えられます。

日本インテリアデコレーション協会によって、試験対策講座も開講されているので出来るだけ短期間で合格を目指す場合は、受講するのもおススメです。

 

インテリアコーディネーターとの違いは?

より豊かな表現力を重視する

​インテリアデコレーター

インテリアコーディネーターもインテリアデコレーターもどちらもインテリアの基礎的な知識を持つ専門家を育成する基盤の資格試験です。

しかし、インテリアコーディネーターに必要な知識に建築要素が強いことに対して、インテリアデコレーターでは「空間構成や装飾・演出の実践的技術」や「日本の伝統文化や工芸、意匠、もてなし」などを含み、より実践的で豊かな表現力を育てることに重きを置くなど、重視する内容にはそれぞれ違いがあります。

インテリアデコレーター資格の詳細は、

一般社団法人 日本インテリアデコレーション協会のHPをご覧ください。

▷ http://www.jida-ex.or.jp/