​2022年 最新情報

AdobeStock_100948037.jpeg

インテリアコーディネーター
​資格試験

インテリアコーディネーター資格試験の詳細

1次試験(筆記)

試験日 : 2022年10月の第二日曜

受験資格:年齢・性別・学歴・職業・経験は問わない。

    (但し、出題・解答は日本語のみ)

試験地:北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・

    愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・

    福岡県・沖縄県の全12会場

 

試験科目:学科(160分) マークシートによる択一式

試験時間:(予定)事前説明【12:15~12:30】 

         実施時間【12:30~15:10】

2次試験(論文・プレゼン)

試験日 : 2022年12月の第一日曜

受験資格:一次試験に合格していること(免除制度該当者のみ)。

     その他は問わない。

試験地:北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・

    愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・

    福岡県・沖縄県の全12会場

 

試験科目:論文・プレゼンテーション試験(180分) 記述式

試験時間(予定)事前説明【12:15~12:30】  

        実施時間【12:30~15:30】

 

免除制度について

二次試験受験における一次試験の免除
一次試験(学科)に合格した方は、次年度から3年間一次試験が免除されます。
但し、免除期間が過ぎた場合は一次試験(学科)からの受験となります。

[1次試験の内容]

  • インテリアコーディネーターの仕事に関すること

  • インテリアの歴史に関すること

  • インテリアコーディネーションの計画に関すること

  • インテリアエレメント・関連エレメントに関すること

  • 建築物やインテリアの構造・構法と仕上げに関すること

  • 環境と設備に関すること

  • インテリアコーディネーションの表現に関すること

  • 建築やインテリア関連の法規、規格、制度に関すること

[2次試験の内容]

2次試験ではインテリアを提案するためのプレゼンテーション(図面)の技能や、コーディネーターとしての資質(論文)が問われます。インテリアコーディネーター業務で必要な図面の知識や、人間工学に基づいた、適切な家具のレイアウト、カーテン等のウィンドウトリートメントの選び方、照明計画など、実務で必要とされることが一通りできることを確認する試験内容です。また、論文試験では、インテリアコーディネートの現場でよくある、顧客からの難しい要望に(あなたが)対処する手段や、インテリアコーディネートの手順などの出題が多いようです。

独学よりも断然おススメ!

​インテリアBiz+の試験対策講座

インテリアコーディネーター資格試験

お問合せやご相談がございましたら

お電話又はメールでご連絡ください。

0120-928-833

株式会社SDクリエイティブスタッフ

​インテリアBiz+運営事務局まで