インテリア業界について

 

■インテリア業界にはどんな企業がある?

インテリア業界というと皆さんはどのような会社を思い浮かべるでしょうか。

​家具やカーテン・雑貨など街中にあるインテリアショップや家具店のようなお店を思い浮かべる方も多いかと思います。

 

■インテリア業界の現状と今後

インテリア・建築業界は近年好景気が続いています。 

比較的余裕のある世代の方々が第二の人生を歩み始めています。その中で、年齢を重ねた方の体力と現状の住まいが必ずしもフィットしているとは言い難いのが現状です。

それに伴い大なり小なりのリフォームが行われています。


そこで活躍するのはインテリアや建築の職業です。

今後もより快適な生活を望む方々に、デザインを提供する場面が増えていくでしょう。

その市場は年々堅調に増加しており、比較的安定した業界であると言えるようです。

少子高齢化と経済危機など財政状況の悪化により新築を建てる人が減少し、長寿社会が進行するにつれて「健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル」を目指す傾向が増加してきています。

 

その影響から、住んでいる家をリフォームする、リフォーム事業が伸びを見せてきているようです。

 

インテリアに関わる仕事

インテリア業界での仕事には様々なものがあります。

皆さんが普段、街で見かける機会の多い仕事もあれば、似ているようで

実はかなりイメージと異なるものもあります。

インテリアに関わるお仕事でも業界や職種は微妙に異なりますので、

詳しく見てみましょう。

ハウスメーカーの仕事

カーテン

カーテン販売の仕事

現代のワークスペース

ショールームの仕事

インテリアショップの仕事

マンション関連の仕事

店舗設計会社の仕事

リフォーム会社の仕事